にぼしのリタイア日記

鬱病でサラリーマンをリタイアした55歳男の復活日記

韓国外貨準備高は本当なのだろうか?

下記の記事を読んで「本当かな?」と疑った。
headlines.yahoo.co.jp
記事では、韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した8月末の外貨準備高は4014億8000万ドル(約43兆円)で内訳で最も大きい有価証券が全体の92.4%にあたる3709億9000万ドルと報じている。
う~ん、どうも怪しいなぁ~と言うことで少し調べてみた(^^;
米国財務省発表のTICレポートを見ると韓国全体で保有している米ドル建て資産は3466憶ドルとなっている。
その内訳は、株式が1392億ドルで債券が2074億ドルとなっている。
ここで大きなポイントになるのが、TICレポートで表示されている額は官民合わせての数字と言うことだ。
普通に考えれば、韓国中央銀行が米国株式を持つことは考えられないので債券の2074億ドルがMAXに思える。
しかし、民間も半分くらいは債権を持っているだろうから結果、韓国中央銀行が持っている外貨準備の有価証券は約1000億ドルくらいと予想される。
その額が92.4%なのだから、本当の外貨準備高は1000億ドルちょっとと言ったところではないだろうか?
さてはて、この程度の外貨準備高でウォンを守り切れるのか?お手並み拝見と言ったところですな。

高純度フッ化水素の国産化はフェイクニュースだった証拠

やっぱりね!下記のニュースを調べると先日の高純度フッ化水素国産化ニュースがフェイクだったことが判明した。
headlines.yahoo.co.jp
記事では、釜山市に続きソウル市でも特定の日本企業を「戦犯企業」と定義し、市などが今後その企業の製品を購入しないよう努力義務を課す条例案を可決したと報じている。
この記事の内容を詳細に調べたらある事実が発覚した。
高純度フッ化水素を開発している日本企業の名前が全て入っていないのだ!
つい最近のニュースで韓国内で国産化に成功したと発表したのに?
niboshi50.hatenablog.com
やはり、フェイクニュースだったのだ!
そうでなければ不買リストから漏れるはずがないのだ!
韓国からのニュースは半分疑って読まなければならないので疲れるよ(^^;

スポーツは負けてこそ強くなる!

韓国で行われていたU-18野球W杯で日本が5位に終わった
headlines.yahoo.co.jp
私は野球が好きなので全試合TVで観戦、応援した。
日本のマスコミでは結果だけを見て批判する声が多いが、日本の高校生はよく頑張ったと思うし、何も恥ずべきことは無いと私は思う。
不慣れな木製バット、完全アウェー韓国での開催、気象の悪さ、過密日程による投手中心の人選、日の丸を背負っているプレッシャー等、実力が出にくい要因は沢山あった
守備が酷かったとの指摘もあるが、投手を増やし打力中心で人選すればこのような結果になるもの仕方ない。
そもそもU-18で世界一になる必要なんて無いと私は思う。
フルメンバーのガチンコ勝負(WBC)で勝てば良いのだ!
そのための経験という意味ではこれ以上ない悔しさと怖さを味わったはずだ!
綺羅星のような素質を持った高校生達がこの経験をいつかサムライジャパンのメンバーとなってWBCで生かしてくれると私は信じている

東京近辺の道路は複雑・・ナビは万能じゃない

下記の記事を読んで運転手を責める気持ちになれなかった
www.nikkansports.com
記事では京急の大型トラック衝突事故の詳細が報じられている。
侵入してはいけないであろう線路の側道に入ってしまい、脱出できない状態になって、最後は線路に侵入して衝突した訳だから明らかにトラック運転手の過失だ。
しかし、東京近辺を走るドライバーなら一度や二度は似たような経験をしたことがあるのではないだろうか
私も以前、初めて行く病院にナビを使って車を走らせたが病院の入り口が分からず、1時間ぐらい迷ったことがある
ナビの指示は万能ではなかった
病院周辺の道路も入り組んでおり、標識の立て方にも問題があったのだが、ナビの指示があてにならなったのはショックだった。
結局、歩いている人に入り口を聞いてやっとこさ到着できた思い出がある。
今回の京急事故でナビを使っていたのかどうかは定かではないが、東京近辺の複雑な道路に対応するナビ技術の進化を期待したいと思った。

香港を助けられるのは英国なのだが・・Orz

下記の記事を読んで「英国は何をやっているんだ!」と憤慨した。
headlines.yahoo.co.jp
記事では、ジョンソン首相の10月合意無きEU離脱を阻止するため、与党保守党から21人の造反者が出て英議会が大混乱していると報じている。
3年前の国民投票EU離脱の意思が明確になったのに未だに民意を無視した行動を国会議員が行っている。
理由はEUに留まっている方が自分たちの「利権」があるからだ。
なんとも情けない国会議員達で自分のことしか考えていない
しかし、この問題の長期化は香港にとって不幸でしかない
そもそも今の香港を助けられるのは英国なのだ
35年前の中国と英国が交わした香港返還の条約では50年間香港の自治を約束している。
まだ35年しかたっていないのだから、今回の中国のやり方は明らかな条約違反なのだ。
本来ならば英国が中国に条約違反を問い正さなけならない問題なのだ。
しかし、英国はブレグジット問題で機能不全を起こしている。
香港にとってあまりにも不運な状態なのだ。

高純度フッ化水素の大事なポイント

下記の記事を読んだ瞬間「騙されてはいけない」と思った。
headlines.yahoo.co.jp
記事では、サムスン電子が、国産の高純度フッ化水素半導体工程の一部のラインに投じることに成功したと報じている。
う~ん・・・これは所謂、飛ばし記事(=株価対策記事)ではないのかな?
そう思う根拠は二つある。
根拠1.最先端の半導体に使用するフッ化水素は、純度が99.99999999999%以上で無ければ歩留まりが悪くて使えない。今このレベルの純度を量産化できるのは日本だけだ。記事では最も重要な純度が示されておらず本当に高純度なのか疑わしい。しかも記事の中のサムスン側コメントには「高純度」とは示されていない
根拠2.高純度フッ化水素研究レベル(=試験管レベル)で開発するのはさほど難しくない。しかし、量産化するとなると話は桁違いに難しくなるサリンの製造にも使えるように非常に危険な化学物質なのだ。この量産化技術は1か月くらいで確立できるような代物ではない。おそらく必死に頑張って10年以上必要だと思う。
最近のマスコミはウソでは無いが世論を誘導すために無理やりこじつけるような記事が多い
騙されないように気を付けたいものだ。

守りに徹する日本企業・・批判できない自分・・Orz

下記の記事を読んで「自分は批判できない」と思った・・Orz
headlines.yahoo.co.jp
記事では日本の上場企業の内部留保は506兆4000億円で過去最高なっている報じている。
安倍晋三首相が企業の現金保有を減らすと公約し第2次政権を発足させた数カ月後の2013年3月に比べ、3倍余りに膨らんでいる
506兆円は大半の国のGDPを上回っており、日本企業の「守り過ぎ経営」が批判されている。
何故、こんなに守りに徹するのか?おそらくこんな理由ではないだろうか?
・世界は今、リスクだらけでリーマンショックの時のような恐慌を恐れている
・世界のインフレ率(3~5%)に比べ日本のインフレ率(0.6~1%)が低いので現金が溶ける恐れが無い
・国内は人口減少+増税で成長が期待できない
・円キャリートレードで海外に投資するのがセオリーだが、海外はどこもリスクだらけで尻込みしてしまう
・円は安全資産
まさに今の自分の資産運用と同じ考え方だ・・Orz
だから私には日本企業の批判をする資格がない・・Orz
とは言え、必死に働いている従業員に最低限の還元はしてほしいと思う!