にぼしのリタイア日記

鬱病でサラリーマンをリタイアした56歳男の復活日記

リタイアへの道~その12~車を手放したいが・・・

早期退職に応募するかどうかのシミュレーションをしていた頃、自家用車について考えた。
車はコストの塊なので出来れば手放したいが、住んでいるところが都内とは言えベッドタウンなので車が無いと日常生活が大変だった。
例えば最も行くスーパーや薬局は自転車では厳しい所にあったし、コンビニは近くにあるもののスーパーに比べればコストが割高だった。
通院も車を使っていたし、緊急事態が起こった時、車が無いのは不安だった。
と言う訳で、車を普通乗用車から軽自動車に買い替えた!
妻は軽自動車を見て「寂しい」と感想を述べていたが、私はあまり寂しい気持ちは湧かなかった。
昔の軽自動車は、狭い、走らない、しょぼいと言うイメージがあったが、最近の軽自動車はかなり充実していたからだ。
エンジンの高性能化で坂道でも馬力不足を感じないし、足回りや装備も普通乗用車とそん色ないものが揃っていた。
これで税金が安くて燃費が良いのだから乗らない方がおかしいとさえ思ったものだ。