にぼしのリタイア日記

鬱病でサラリーマンをリタイアした55歳男の復活日記

食料自給率を疎かにする国は滅ぶ

下記の記事を読んで米国のもう一つの強さを感じた
headlines.yahoo.co.jp
記事では、中国は6日、米国産の豚肉と大豆の輸入分の「一部」について、追加関税の対象から除外すると発表したと報じている。
一見、貿易交渉の駆け引きに見えるが、そうではないと思う。
今、中国国内はコレラの蔓延で豚肉の高騰が続いている。
中国は大国でありながら農業や酪農を疎かにしており、食糧自給率は極めて低い
大豆も高騰しており、このままでは庶民が暴動を起こしてしまうのだ。
完全に中国の失策であり、米国に喧嘩を売っても勝てる訳が無いのだ。
・・・
そう言えば日本も食料自給率は最低ランクだ。
何か問題が起こった時、結局、食糧で脅されて降参するしかない国だ。
近い未来、農業や酪農を疎かにしたツケを払わされる日が来ると思う。