にぼしのリタイア日記

鬱病でサラリーマンをリタイアした56歳男の復活日記

医療機関のボーナスが激減・・・GoToに税金使うくらいなら最前線の医療従事者を援助すべき

全く情けないニュースだ・・Orz
news.yahoo.co.jp
時事通信の記事では、病院や診療所などで働く約17万人が加入する日本医療労働組合連合会医労連)は26日までに、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、医療機関の4割超が看護師らの年末賞与を昨冬より引き下げたとする調査結果を公表した。
医労連によると、今夏の賞与を引き下げていた医療機関は3割超で、医労連の森田進書記長は「状況は明らかに悪化している」と述べた。新型コロナへの感染を恐れた患者が通院や入院を敬遠する状況が続いていることが大きな理由という。
医労連は11月、各医療機関労働組合に調査への協力を依頼。25日までに298組合から回答を得たと報じている。
・・・・・
コロナ対応で医療関係者は悲惨な状況だ。
感染の危険を顧みず、大変な状況で医療を行う方々には感謝しかない
せめて、ボーナスくらいは5割くらい上積みしてあげたいくらいだ。
それなのに夏のボーナスは3割の医療機関は減額し冬のボーナスは4割減となるそうだ。
こんな状況ではいつまでもモチベーションを保つことは不可能だと思う。
GoToで税金をばら撒き感染者を増やすぐらいなら、GoToなんか即刻辞めてその予算を医療機関の最前線で働く方々に補填してあげるべきだと思う。

鬼滅の刃が歴代興行収入3位に浮上・・・緊急事態宣言さえなければ歴代1位になりそう

物凄い観客動員数だ(^^;
news.yahoo.co.jp
映画.comの記事では、11月22~23日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。今週の動員ランキングは、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(東宝アニプレックス)が土日2日間で動員74万8000人、興収10億3200万円をあげ6週連続で首位に立った。11月23日(月・祝)までの累計で動員1939万人、興収259億円を突破し、最終興収250.3億円の「君の名は。」、255億円の「アナと雪の女王」をあっさりと抜き去り歴代興収ランキング3位に。2位の「タイタニック」の記録262億円まであと3億円足らずと迫っており、今週中にその座を奪うのは必至だと報じている。
・・・・・
因みに今の歴代1位は千と千尋の神隠しであり興行収入は308億円だ。
このペースで上映さえできれば、今年中に308億円を突破し、栄えある歴代一位に躍り出るだろう・・
一点だけ心配なことがあるとすれば、コロナ感染者の激増で緊急事態宣言が出てしまい、映画館が一定期間閉鎖されることだろう・・
日本経済を壊滅させないためにもなんとか緊急事態宣言だけは勘弁してほしいものである。

リタイアして本当に良かった・・・羽生九段が深夜の大逆転!

今朝ほどリタイアして良かったと思った朝は無かった(^^;
news.yahoo.co.jp
amebaニュースの記事では、将棋の順位戦A級5回戦が11月23日に行われ、羽生善治九段(50)が佐藤康光九段(51)に147手で勝利、残留に向けて大きな2勝目(3敗)を挙げた。歴代4位、通算164局目となる両者の戦いは、最終盤で形勢が大きく動く熱戦に。追い詰められた羽生九段が、一瞬の隙を突いて逆転し、貴重な白星を手にした。佐藤九段は3勝2敗となった。
敗れれば10人中9位となり、下位2人の降級圏内に落ちるピンチだった羽生九段だが、佐藤九段が角交換型振り飛車を採用したのに対し、対抗形から確実な指し手で中盤までややリードを奪っていた。ところが中盤から終盤にかけたところで逆転を許し、一時は敗勢と見られるところまで追い詰められていた。
ドラマが待っていたのは日付も変わる深夜に入ってから。佐藤九段の指した一手を境に逆転のきっかけを見つけると、そこから正着を続け一気に勝勢に。勝ちを確信した際に見られる震えも出ると、最後は即詰みに討ち取った。
羽生九段は初のA級入りから降級することなく、現在は28期連続でA級以上(名人9期)を継続中。レジェンドがB級1組に降級危機となれば将棋界の一大事と言われる中、暫定順位を7位に。残り4局を2勝2敗、トータル4勝5敗でも十分に残留が見込める状況まで持ち直した。竜王戦七番勝負では、タイトル100期をかけて豊島将之竜王叡王、30)に挑戦しているが、順位戦での正念場はこれからもまだ続いていくと報じている。
・・・・・
昨日も朝からネット中継に噛り付いていた(^^;
大ファンである羽生先生の重要な将棋があったからだ。
序盤は羽生先生のリードで安心して見られたが、中盤のねじりあいで佐藤九段の剛腕が唸り逆転された時にはA級陥落を覚悟するほど落ち込んだ
時間は深夜の24時・・・もう寝ようかと思ったがリタイアした身なので明日のことなど考える必要はない・・・最後まで観ようと思い直した(^^;
終盤、佐藤九段が勝ちを決めに行った手が悪手で羽生先生の手がしなり始めた!
これは羽生マジックの匂いがしてきたぞ!
そこからは羽生先生が最善手を連発して大逆転してしまった!
将棋と言うゲームはどんなに優勢でもたった一手間違えただけで逆転する恐ろしいゲームなのだ!
正に昨日の一局はその恐ろしさを痛感するような一局だった。
もし私がまだサラリーマンを続けていたら、この世紀の大逆転劇を生で観ないで寝ていただろう
そう考えるとリタイアして本当に良かったと心底思った

65歳過ぎてからの投資は危険・・・貯蓄と年金に見合った生活レベルに落とすべき

久々に全て同意できる記事を見つけた(^^;
news.yahoo.co.jp
現代ビジネスの記事では、老後資金の不安に駆られて、定年後からでも株などの金融商品に手を出そうという人がいる。ビギナーズラックで少し儲かるケースはあっても、不慣れな人が10年、20年と勝ち続けるのは難しい。65歳すぎた夫婦の安易な資産運用に専門家は警鐘を鳴らす
「為替リスク」「損切り」これらの言葉の意味を聞かれて、正確に答えられない人は年金で株式投資するのはやめておいたほうがいい。経済コラムニストの大江英樹氏はこう警鐘を鳴らす。
「老後資金の不安に駆られて株を始めた人の中には、ビギナーズラックで少し儲かる人もいます。ただ、不慣れな人が10年、20年と勝ち続けるのは難しい。適切なタイミングで損切りできず、損失がどんどん膨らんでしまうこともざらです」
現役時代であれば失った分も働いて取り戻せるが、65歳からはそうもいかない。虎の子の老後資金をリスキーな投資に突っ込むべきではない。外貨建て保険、投資信託、仕組債など、「たくさん儲かる」と謳う金融商品ほど危険度が高い
相続税対策にもなる」という謳い文句で、老後資金を不動産投資につぎ込む人もいる。だがこれも、地獄の始まりだ。
「家賃収入で年金の足しになるというのは、甘い考えです。空室になるリスクがあるし、経年劣化で古くなれば入居者は減る。収益性の悪い不動産を押し付ければ、子どもからも文句を言われることになります」(ファイナンシャルプランナー・黒田尚子氏)
夫婦双方が理解して納得することができないような投資は厳禁だと報じている。
・・・・・
私が早期退職した時、退職金の運用のために様々な金融機関に出向いたが、全ての金融機関でリスクの高い投資信託を勧められた(^^;
理由は、金融機関がボロ儲け出来るからだ!
販売手数料、信託報酬、為替手数料・・・様々な名目で情弱な市民のお金をカスメ取っていく。
販売員も自分の報酬が出来高払いなので必死なのだ・・・
記事にあるように65歳を過ぎてからの投資は控えるべきだと思う。
niboshi50.hatenablog.com
今、65歳くらいで貯蓄と年金の少なさが心配な人はどうすればいいのか?
冷たい言い方になるが、自業自得なので貯蓄額と年金額に見合った生活レベルに落とす、つまりは節約するしかないと思う。

カーシェア会社が計画倒産?・・楽して儲かる投資などあり得ない

毎年この手の事件が起こるが騙される人が後を絶たないのは何故なんだろう?
news.yahoo.co.jp
レスポンスの記事では、東京商工リサーチによると、高級カーシェアサービススカイカーシェア」を運営するSERIASと関連3社は11月20日東京地裁破産を申請した。負債は現在調査中、債権者数はSERAISのみで約400名
SERIASは、グループで高級車専門のカーシェアリングマッチングサービス「スカイカーシェア」を手掛けていた。スカイカーシェアは高級外車や高価格帯の国産車を主体に個人間で車をシェアするサービスを提供。「わ」ナンバーでないことを特徴にセールスを展開し、投資家向けに各地で勧誘セミナーなどを開催し、車両提供を提案していた。同社グループは約700人のオーナーから提供された車両を預かり、利用者に貸し出していた。投資家には、カーシェアの運営収入から車両代金や保険料、謝礼などが毎月支払われる契約で、契約満了後には一定のキャッシュバックが発生する仕組みとなっていた。
オンラインを通じた積極的な広告戦略で認知度を上げていたが、2020年に入ってからは新型コロナの影響で業績は伸び悩み、夏以降はオーナーに対する配当などの債務の支払いが不能状態に陥った。10月上旬には、事業を停止。11月14日、車両の返還に集まった約30人のオーナーに対し、代理人弁護士が近日中に破産を申請すると説明していた。
SERIASと同時に破産を申請したのは、ランドコアサービス、anchor、コーディアルの3社、それ以外のグループ5社も近日中に破産を申請する予定だと報じている。
・・・・・
記事には無いが、新しい投資家を紹介すれば一人10万円の紹介料が貰えるシステムだったそうだ(^^;
どう見たって詐欺でしょ?
何故、騙されるの?
楽して儲かる投資なんかある訳ないでしょ?
騙された投資家は20~30代の若者が多かったそうだ。
中には600万円ものローンを組んで投資し、破産寸前になっている人もいるそうだ。
しかもこの会社はクラウドファンディングで寄付も募っていたらしい・・Orz
おそらく、商品価値のほとんどないボロボロの中古車を投資家に売りつけ、頃合いを見て計画倒産したのだ
もし絶対に儲かる投資話を持ち掛けられたら、「そんなに儲かるならあなたが限界まで借金して投資すればいいじゃない」と言ってやれば良いのだ(^^;

GoToなんてやるべきじゃない・・・政府は税金の使い方を間違えている

感染者が激増したので政府が慌てふためいている・・Orz
news.yahoo.co.jp
共同通信の記事では、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は20日感染が急速に拡大している地域では当面3週間、飲食店の営業時間を短縮するほか、需要喚起策「Go To キャンペーン」の運用を見直すよう政府や都道府県に求める提言をまとめた。これを受け、政府は観光支援事業「Go To トラベル」を制限する検討に入った。各知事の判断でキャンセル料の補償や新規受け付けを停止する案が浮上している。
見直し策は21日夕に開かれる新型コロナ対策本部で菅義偉首相が打ち出す見通しだ。国内では新たに2427人の新規感染者が確認され、3日連続で過去最多を更新したと報じている。
・・・・・
将来は元通りの生活に戻れると思っている時点で間違えていると思う。
コロナによって人類の生活は大きな変革を求められているのだ!
GoToの小手先の手当てで観光業界や飲食業界を一時的に助けても意味が無いと思う。
なぜなら、もう元通りの生活には永遠に戻れないからだ
何度も書いているがコロナは変異するのだ!
ワクチンが出来ても治療法が出来ても大きな変異が起こればまた振り出しに戻るのだ!
今、人類にとって大事なことは元通りの生活に戻れないことを全員が認識することだ!
極端なこと言えば、旅行とか外食とかの生活様式が無くなることを受け入れるべきなのだ。
もちろん、今、観光や外食で働いている方々には別の業態にパラダイムシフトできるように政府が補助すべきだと思し、消費税の期限付き撤廃で全体の業界を助けるべきだと思う。
政府は税金の使い方を根本的に間違えていると思うのだ。

綾瀬はるかがこの10年間の好感度一位を獲得!

当然の調査結果である(^^;
mainichikirei.jp
毎日キレイの記事では、女優の綾瀬はるかさんが、JNNデータバンクで調査した女性タレントの「この10年(2009~2019年)における存在感(好感の蓄積)」を集計したランキングで1位を獲得した。2位は新垣結衣さん、3位は天海祐希さんが続いた。4位は上戸彩さん、5位は北川景子さんがランクインした。
10年間の好感度の推移を見ると、新垣さんは連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系)が放送された2016年から好感度が急上昇。一方で綾瀬さんはここ10年間、1位か2位の高位をキープしていることが分かった。
2019年の好感度ランキングでも1位が綾瀬さん、2位が新垣さんという結果は変わらず、3位に北川さん、4位に広瀬すずさん、5位に天海さんがランクインしている。
広瀬さんは2019年のランキングでは高位につけるも、本格的な芸能活動が2013年頃からのため、測定が2014年からとなっており、ここ10年間のランキングでは上位20位から外れた。また木村佳乃さんは2011、2012、2013年に露出の機会が少なく調査対象とならなかった。
JNNデータバンクはTBSテレビをキー局とする全国28社のテレビ局(JNN系列)が、毎年共同で行っている総合ライフスタイル調査
第1回調査は1971年に行われた。調査対象は、北海道から沖縄にいたる全国の都市部に住む一般男女で、2000年以降は13~69歳の約7400人
好感度は毎年、露出や社会的影響力などを考慮して選出した約200人のタレントを対象として、複数回答により測定。また累積好感度は「タレントの各調査次年度の数値を累計したものを指数化」したと報じている。
・・・・・
私の大好きな綾瀬はるかさんは来年でデビュー20周年を迎える。
16歳でデビューした頃は抜群のプロポーション?を見込まれグラビアが中心だった
本人は芸能界に余り執着がなく、高校を卒業したら田舎に帰るつもりだったそうだ
しかし、ある時、女優部門のマネージャーが「この子は女優が向いている」と積極的に推薦してくれたらしく、18歳くらいから女優の仕事が増えて行った。
そして、19歳の時、ドラマ版「世界の中心で愛を叫ぶ」で大ブレイクし、今では日本を代表する大女優になってしまった
もしあの時、女優部門のマネージャーが才能を見落としていたら今の綾瀬はるかはあり得ないのだ。
つくづく人の縁と言うものは大切だと思う。