にぼしのリタイア日記

鬱病でサラリーマンをリタイアした56歳男の復活日記

人口減少の衝撃・・・日本の未来が暗いからこそ早くリタイアすべきなのだ

もう日本の人口減少は止まらないだろう(怖)
www.nippon.com
nippon.comの記事では、2020年1月1日時点の住民基本台帳人口は、前年から日本人住民が50万減少し、外国人住民が20万人増加して、1億2713万人8033人となった。2009年をピークに日本は人口減社会に突入しているが、日本人人口の減少幅が50万人を超えるのは初めて。そのインパクトを分かりやすく表現するとすれば、鳥取県の人口56万1175人(日本人+外国人)に近い人口が消滅したことになると報じている。
・・・・・
分かっていたことだが、昨年は鳥取県の人口が消滅するとは驚きだ。
更なる移民の受け入れで最低限の労働力は確保していくのだろうが、日本の未来が暗いことは確かだ。
当然、税収は落ち、国の借金は雪ダルマ式に増え、社会保障は劣化の一途を辿るだろう。
おそらく私がヨボヨボになって施設にお世話になるであろう25年後(81歳)は、国の財政がひっ迫し、まともな介護は受けられないだろう
・・・
だからこそ早期リタイアなのだ!
人生を楽しめる期間は長くて後20年しかないのだ!
どう頑張ったところで悲惨な最後になるのなら体や頭や目や耳が元気なうちに人生を楽しむのだ!
世間で話題の80歳まで働くなんて絶対嫌なのだ!

金融機関の窓口で投資商品を買ってはいけない

トルコリラが暴落している(怖)
news.yahoo.co.jp
ブルームバーグの記事では、トルコ・リラは下げが加速し、ドルに対して過去最安値を付けた。
国営銀行の介入でも市場を落ち着かせることはできなかった。
6日の外国為替市場でトルコ・リラはドルに対して一時3.2%安の1ドル=7.2775リラまで下落し、5月に記録した従来の最安値を割り込んだ。
トルコ国債のデフォルト(債務不履行)に対する保証コストは3カ月ぶりの高水準に上昇。同国株式市場の主要指数は一時4.8%安と、新興国市場のうちで最も下げている。
トルコの外貨準備高を巡る懸念や、外国資本の流出に拍車をかけた大胆な金融緩和がリラ安の根底にある
通貨安の圧力に直面した当局は、利上げや信用供給の抑制ではなく、国営銀行にドル売りを促すことでリラを押し上げようと働き掛けていると報じている。
・・・・・
私は昨年末の日記で個人投資家トルコリラ投資を平気で勧める金融機関に注意するべきだと書いた
niboshi50.hatenablog.com
言わんこっちゃない・・・Orz
案の定、トルコリラは下がり続けている(^^;
stocks.finance.yahoo.co.jp
金融機関は老後2000万円必要ニュースで情弱な個人投資家を狙い、高金利通貨であるトルコリラ建ての投資商品を勧めてくる
その理由は金融機関が儲かるからだ
1リラ15円以下の為替手数料が片道1円以上取るのだから儲かる訳だ
往復だと2円以上手数料で取られる。
トルコリラ建て投資商品を買った瞬間に13%以上損をするのだ。
ヤ〇ザよりエグイ商売だ。
大手の金融機関はそんなことしないでしょ?と言う声が聞こえてきそうだが、大手ほど宣伝し、勧めてくるのだ。
金融機関の窓口で投資商品は買ってはいけないのだ!

綾瀬はるかさんには女優の仕事だけに集中させてあげてほしい

75年目の原爆の日ですか・・・(合掌
news.yahoo.co.jp
ザテレビジョンの記事では、8月6日(木)の「NEWS23」(毎週月~木曜夜11:00-11:56、毎週金曜夜11:30-0:15、TBS系)では、 “特別企画 綾瀬はるか「戦争」を聞く”を放送。
2005年の特別番組「ヒロシマ」をきっかけに、2010年以降、毎年「NEWS23」の特別企画として60人以上の戦争体験者の声に耳を傾け、その平和への願いを伝えてきた綾瀬はるか
今回は、自身の出身地・広島の原爆について、これまでの取材を高校生たちとともに振り返り、「原爆」と「戦争」について考えると報じている。
・・・・・
筑紫哲也さんがご存命の際に原爆をテーマにした特別番組に出演し、それが縁でこの仕事が続いているのだが・・・私としては微妙な気持ちだ
私が綾瀬はるかさんの大ファンであるのは女優としての才能に惚れ込んだからである
ご本人の天然で嫌味の無い天使のようなキャラクターも相まって好感度が高いため、様々な大人たちが綾瀬さんを利用しようとしている
確かに戦争の悲惨さを伝えることは尊い仕事なのだが、なにも日本で一番忙しい女優がやる必要はないと思う。
世界中が戦争をしようとしている真っ最中に反戦の女神に祭りたてられているようで嫌なのだ。
どうかホリプロはこの仕事を再検討してもらいたいものだ。

レタスが高すぎて困った・・Orz

あうううぅぅぅ・・・レタスが高すぎる(涙)
https://www.agrinews.co.jp/p51548.html
日本農業新聞の記事では、レタスが高騰している。7月下旬の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1キロ202円と平年(過去5年平均)の52%高。6~8月の夏場に200円を超えるのは、過去5年間で初めて。8月に入っても続伸し、上旬(4日まで)は1キロ284円となっている。今後の生育には長期化した梅雨の影響が残り、8月前半は平年比2割減の入荷が続き、高止まりが見込まれると報じている。
・・・・・
昨日、スーパーでレタスを買おうとしたら一玉なんと268円だった(驚)
1か月前は確か99円で買えたはずだが、めちゃくちゃ高騰している。
我が家の娘二人は偏食が激しく、サラダはレタスがメインでないと余り食べないのだ・・Orz
う~ん・・・困った。
仕方なく今回は一玉買ったが、今後は対策を考えないといけない。
娘たちに事情を話してブロッコリーあたりで手打ちをしたいと考えている(^^;

老人の車の運転を見て日本の将来が心配になった

午前中、皮膚科を受診するため車で出かけた。
途中、時速20kmぐらいで走る軽トラがいて後続の車がイライラしているのを感じた。
軽トラの5台後ろいた私も少なからずイライラしていた(^^;
軽トラが路肩に止めたので追い越し際に運転者を見たらどう見ても80歳以上のご老人だった。
まぁ仕方ないよね・・・と思いながら皮膚科の駐車場に着いた。
すると今度は車を駐車させようと何度も切り返しを行いバックを試みるご老人がいた。
しかし、目が悪いのか、何度切り返してもバックしても区域内に駐車できず私の前の車がクラクションを鳴らしていた。
・・・私は我慢したけどね(^^;
7回目ぐらいでやっと駐車でき、事なきを得たがそのご老人も85歳ぐらいのヨボヨボもお爺ちゃんだった。
う~ん・・・仕方ないよね・・・誰だって年はとるし、車が無いと不便な地域もあるし・・・
しかし・・・国としてはこれで良いのだろうか?
高齢化社会に突き進む日本で今日見た効率の悪い現象は自動車以外にも様々な場面で起こってしまうだろう。
そのストレスに若者を中心とした現役世代は耐えられるのだろうか?
私のようなリタイアした56歳でさえ、少しイライラするのに・・・
日本の将来が心配になったよ
因みに自動車だけなら5G普及による自動運転に期待したい!

リモートワークが普及すると年金が減るので注意が必要!

若い世代のサラリーマンは年金が更に減るので注意が必要だ!
news.yahoo.co.jp
上記の記事では、コロナによる影響でテレワークなど働き方が変わる中、通勤の形も変化を見せています。一部で通勤定期の見直しの動きがあり、大企業である富士通なども通勤定期券代の支給を廃止し、出勤時にかかった実費を精算する形に変更するなど、テレワークの普及に伴い通勤手当を減らす企業も増えています。通勤手当が減るということは、家計にどういう影響があるのでしょうか? 考察してみました。
さて、通勤手当が減ると、社会保険料も減る場合があります。給与明細を見ると、「支給」の項目には基本給の他にも手当があります。こうした各種手当を含めて税金や社会保険料が支払われているからです。
手当が減れば社会保険料は一般に減るのです。厳密には社会保険料は等級で決まるので報酬月額が33万円~35万円だと、健康保険料(介護保険含まず自己負担)は1万6779円、厚生年金保険料(自己負担)は3万1110円といった形で区切りのよい幅で変わります。ですので等級が変わらない場合は影響を受けない場合もあります。
支払う社会保険料が減るのはありがたいかもしれません。ですが、健康保険料は掛け捨てですが、厚生年金保険料は将来の年金として戻ってきます。現役時代に会社から受け取った月収と賞与を合計した平均額と、厚生年金保険に加入していた期間で年金額が決まります。つまり、通勤手当が減れば将来もらえる年金額にも影響を与える(減る可能性が高い)ということです。
手当の中でも通勤手当として手当を受けると有利な側面があります。従業員に支給する手当は一般に所得の一部とみなされ課税対象に含まれますが、通勤手当のような一部の手当は非課税となるからです。
業務上必要なお金で国税庁によって定められた手当が例外として非課税の対象となります。
(1) 通勤手当のうち、一定金額以下のもの
(2) 転勤や出張などのための旅費のうち、通常必要と認められるもの
(3) 宿直や日直の手当のうち、一定金額以下のもの
公共交通機関を利用する場合、非課税額の上限は15万円と定められています。
以前に外資系で勤務をしていた時に通勤手当が一律3万円弱でした。新幹線通勤で3万円以上かかる人も近くに住んでいる人も同じ金額だったのです。今考えると、できるだけ従業員に非課税で支給をしようと考えていたのかもしれません。外資系だと、所得税の低い香港やシンガポールなどと人材確保を競争しないとならないからでしょう。総支給額が同じでも、所得税、住民税、社会保険料などの控除によって手取りは大きく左右されるからです。
いかがでしょうか。実は非常に深い「通勤手当。税金は非課税だけど、社会保険料の対象になる手当になります。そのため、意外にも将来の年金に影響を与える場合もあるのですと報じている。
・・・・・
私はサラリーマン時代に長距離通勤をしていた。
バスと電車2本で片道2時間近い通勤地獄を味わい鬱病発症の要因となった。確かバスの定期代が異様に高く、通勤費はものすごい額だったと記憶している。海外出張も多かったので総支給額は同期で一番多かったはずだ。
そっか、だから50歳でリタイアしたはずなのに年金定期便の65歳受取予定額が200万円もあるのか?
長年の謎が解けて良かった(^^;
働いた期間は短いが、通勤費や出張費の手当てが多かったので意外と年金はもらえるんだな。
・・・・・
しかし、今の若い世代のサラリーマンは悲惨だな。
コロナのせいでリモートワークが普及して通勤費は実費になるし、残業も出張も減るので将来貰える年金も減ってしまう
何度も日記に書いているが、若い世代のサラリーマンは、節約と副業と資産運用をしっかりやらないと将来大変なことになると思う。

ポイ活にも不況の波?

私は基本的に自由な時間を拘束されたくないので働く気が無い
このブログも毎日更新はしているが、収益化する気がないのでドメイン取得の手続きさえしていない
まぁ、収益化できるような内容も書いてないけど(^^;
しかし、空き時間にポイ活だけはやっている。
自分の趣味を精一杯楽しんでいるつもりだがどうしても少しの空き時間は出来てしまう。
そんな時の暇つぶしにストレスにならない範囲でポイ活している。
最近、ポイ活にも不況の波がやってきたような気がする
大手のポイントサイトが閉鎖を予告したり、美味しいプレゼント企画が減ったりしているのだ。
あああ~~とうとう、ここまで不況の波がやってきたんだな・・・Orz
まぁ、暇つぶしが一つ減っただけの話なので問題は無いが、世知辛い世の中になっているのを実感した。